多くの人が利用している電子記録債権【導入費用を紹介】

でんさいネットを使う

オフィス

導入費用とメリット

でんさいネットは、電子記録債権を扱うための全国銀行協会の電子債権記録機関全銀電子債権ネットワークのことです。銀行の業務として重要な役割を果たしているのが、売買における決済の仲立ちであり、そのために約束手形の発行などを行っています。また約束手形以外にも売掛債権などで大きな取引をする上では代金決済を後日に行うというものが一般的です。しかし、これらの方法にはデメリットも大きくあります。約束手形の場合には紙媒体で行われるので作成、交付、保管にコストが掛かります。また紛失や盗難のリスクもありますし、額面を分割するといったことができません。また売掛債権は譲渡対象債権の不存在や二重譲渡のリスク、また他者に債権を譲渡するための手続きの煩雑さなどがあります。このような問題を克服したのが電子記録債権です。電子記録債権ではでんさいネットによって一括管理されており、加盟する金融機関であれば異なる金融機関でも支払いに利用することができます。流れとしては電子記録債権の発生記録を行い、それを譲渡記録を行うことで期日に指定された講座に自動送金され支払いが行われます。大きなポイントとしては途中で他者に譲渡する際には債権を分割して譲渡することも可能です。費用としては従量料金で利用した際にのみ課金されます。また基本的にはパソコンなどからネットワークを利用して手続きを行うことができスムーズに電子記録債権の発生や譲渡といった手続きを行うことができます。

精度を重視した管理ソフト

データ精度100%は評判が良く、スマートフォン、タブレット、PCなど利用端末を選びません。名刺の読み取りも専用スキャナだけでなくスマートフォンを利用することができます。sansanは導入にかかる初期費用もなく、20日間の無料トライアルもあり導入しやすいです。

簡単な管理で作業を効率化

顧客管理を行う方法としてはクラウド型ソフトの利用がオススメです。費用が安く、簡単に導入できること、そして情報検索に優れていることがその理由です。必要な情報を簡単に知ることが出来るので、営業を行う際には強力なツールになるでしょう。

通販サイトの外部委託

通販サイトを運営している企業では、売上不振に陥る例や人手不足で売上増に対応できない例が少なくありません。そのような場合に通販サイト運営代行サービスに外部委託すれば売上と収益が改善され、人手不足の悩みも解決します。運営を代行してもらうことでネット通販の専門ノウハウが利用できるのは大きなメリットです。