多くの人が利用している電子記録債権【導入費用を紹介】

精度を重視した管理ソフト

会社員

手軽で使いやすいです

名刺管理ソフトの利用は社内共通人脈をみつけられ、新しい案件のための飛び込み営業の必要を減らせ営業効率をアップさせる狙いがあります。今では様々は名刺管理ソフトが各社から出されており、それぞれに特徴があります。中でもsansanは評判が良く、社内には常に名刺入力専門のオペレーターが十数名待機していて二重で入力した上にダブルチェックを行い、入力内容の正確性を高める構造を生み出し精度は100%を誇っています。また名刺管理にとどまらず、名刺の情報をもとに営業。マーケティングまでsansanのみで行えるところも評判が高い理由です。CRMの観点から考えても、すでにある人脈は社内で共有されしかるべきです。顧客の組織図を自動で生成できますし、同一人物の役職や所属部署、また転職などで会社が変更になった場合にも把握することが可能です。sansanは導入にかかる初期費用は必要なく、20日間の無料トライアルもついています。トライアルを利用した方の評判もよくそのまま継続利用する方が多いです。登録限度枚数も上限がなく月々の利用料金で使うことができます。名刺情報の登録までは他社サービスと比較すると時間がかかるものの、二重入力・ダブルチェックで精度100%は評判が良く利用者の中でも問題にはなっていないので十分許容できる範囲です。sansanはスマートフォン、タブレット、PCで利用できますし、読み取りは専用スキャナだけではなく、スマートフォンを利用することができます。